WEIRD

お役立ち情報や日々の記録

初心者も上級者も絶対に聞くべき洋楽ヒップホップの名曲を年代別に紹介【1979-2017】

f:id:taisan21:20170723141637p:plain

小学生高学年の頃から15年以上ヒップホップを好んで聞いてきた。

 

ヒップホップは1970年代に、ニューヨークのサウスブロンクスで生まれた。

ギャングやドラッグにまみれた生活の中、貧困層の黒人たちには金が無く楽しみもない。

彼らアフリカ系アメリカ人たちはディスコに行けない代わりに自分たちでパーティーをするようになった。

ターンテーブルを家から持ってきてDJがレコードを回し、音に合わせて踊る人が集まり、ラップをする人が現れ、ヒップホップ・オールドスクールが誕生した。

それから数十年経つ中でヒップホップはスタイルを変えてきたが、いい音楽は今聞いても決して色褪せることはない。

今回の記事では僕が影響を受け、歴史的にも重要なヒップホップの名曲を年代別に紹介しようと思う。

ヒップホップを聞く人も、これから聞きたい人も是非聞いてみてほしい。

 

年代別にヒップホップの名曲を紹介

1979

The Sugarhill Gang – Rapper's Delight

ヒップホップが手探りなものであったことを感じさせるとにかく長い曲。

一番最初に商業的に成功したラップ曲で、今なおサンプリングされるフレーズが多い。

ヒップホップが音楽として認められるきっかけとなった曲。

 

1980

Kurtis Blow – The Breaks

元祖パーティーラップ。

この曲でヴァースだけでなくフックを曲中に入れることでヒップホップが曲としての構成を持つようになった。 

 

1981 

Afrika Bambaataa & The Jazzy Five - Jazzy Sensation

とにかくジャジーな曲。

自分で自分のことをジャジーって言いまくるぐらいにジャジー。

 

Kool Moe Dee Vs. Busy Bee – Live Battle

 

1982

Grandmaster Flash & The Furious Five – The Message

貧乏な黒人の生きづらい社会をラップした曲。

文化的、歴史的にラップが重要だとこの曲で初めて認められ、ラップの概念が普及され始めた。

 

Afrika Bambaataa & The Soul Sonic Force – Planet Rock

 

1983

Run-D.M.C. – It's Like That

Run-D.M.C.が最初に注目されるきっかけとなった曲。

フックのリズムがとにかく気持ちいい。

 

Run-D.M.C. – Sucker M.C.’s

 

1984

Whodini - Friends

友達についてラップした曲。

ラップがポップの領域にも踏み出すようになった一曲で、様々な層をリスナーとして取り込むきっかけとなった。

 

Fat Boys – Stick 'Em

 

1985

Doug E Fresh & Slick Rick – La Di Da Di

スリック・リックのストーリーテラー振りが分かる一曲。

スヌープ・ドッグも後にカバーしている。

 

Doug E Fresh & Slick Rick – The Show

 

1986

Ice-T - 6 In The Morning

ギャングスタ・ラップの起源とも言える曲。

ドラッグや殺人について堂々と語るアイス・Tの貫禄が凄い。

 

Salt-N-Pepa – Push It

 

Run-D.M.C. – It's Tricky 

 

1987

Eric B. & Rakim – Paid In Full

ラキムのラップが旨すぎる完成された一曲。

名パンチラインが多すぎる。

 

LL Cool J – I'm Bad 
 
Boogie Down Productions – The Bridge Is Over
 
Boogie Down Productions - South Bronx

 

Beastie Boys - (You Gotta) Fight for Your Right (To Party!)

 

1988

N.W.A. - Straight Outta Compton

ギャングスタ・ラップを全米に広めた曲。

1988年は名曲・名アルバム多数だが、この曲のもたらした西海岸ギャングスタ・ラップへの影響は計り知れない。

 

N.W.A. - Fuck The Police

 

Big Daddy Kane – Ain't No Half Steppin'

 

Public Enemy – Rebel Without A Pause  

 

1989

Public Enemy – Fight The Power

権力に対抗するための政治的なラップの完成形。

差別が蔓延していた黒人社会のアンセム。

 

Slick Rick – Children's Story

 

Kool G Rap – Road To The Riches

 

De La Soul – Me, Myself & I

 

De La Soul – Eye Know

 

The D.O.C. - It’s Funky Enough

  

1990

Ice Cube – AmeriKKKa's Most Wanted

N.W.Aから脱退してソロでもやっていけることを証明したアルバムからの一曲。

N.W.Aで一番の魅力は間違いなく彼だったと思う。

 

LL Cool J – Mama Said Knock You Out

 

Too $hort – The Ghetto

 

A Tribe Called Quest – Bonita Applebum

 

1991 

A Tribe Called Quest – Scenario

ATCQの最も脂が乗っている曲。

Q-Tipがラップうますぎかっこ良すぎ。

 

Geto Boys - Mind Playing Tricks On Me

 

Main Source - Live At The Barbeque (ft.  Nas, Joe Fatal & Akinyele)

 

Black Sheep - The Choice Is Yours

 

1992

Dr. Dre & Snoop Doggy Dogg – Nuthin' But A 'G' Thang

Gファンクの起源にして最高傑作。

この曲が収録されたアルバムによってヒップホップの拠点が東海岸から西海岸に移り、ウエッサイ全盛期に入る。

 

Eric B. & Rakim – Know The Ledge

 

Eric B. & Rakim – Don’t Sweat The Technique

 

Ice Cube – It Was A Good Day

 

EPMD – Crossover

 

Pete Rock & CL Smooth -  They Reminisce Over You (T.R.O.Y.)

 

1993

Snoop Doggy Dogg – Who Am I? (What's My Name?)

スターになるべくしてなったスヌープ・ドッグのソロ・デビュー作品の中の一曲。

Dr. Dreのアルバムで見せたスキルが本曲でも遺憾なく発揮されている。

 
Snoop Doggy Dogg – Ain’t No Fun (ft. Nate Dogg, Warren G & Kurupt)
  
Wu-Tang Clan – Protect Ya Neck

 

Wu-Tang Clan – Method Man

 

Ice Cube – You Know How We Do It

 

A Tribe Called Quest – Aword Tour

 

Naughty By Nature – Hip Hop Hooray

 

Souls Of Mischief - 93 'til Infinity

 

2Pac - I Get Around

 

1994

The Notorious B.I.G. - Juicy

キャッチーなサウンドとビギーのタイトなラップによって完成された一曲。

リリックの内容も最高。

1994年は東海岸の名曲が多く、この曲も西海岸のラップの盛り上がりに一矢報いた。

 

Nas – NY State Of Mind

 

Nas – The World Is Yours

 

Warren G & Nate Dogg – Regulate

 

 

Warren G - This DJ

 

O.C. - Born 2 Live

 

O.C. - Time's Up

 

Beastie Boys - Sabotage

 

Gang Starr - Mass Appeal

 

Gang Starr - Code Of The Streets

 

Group Home - Supa Star

 

Wu-Tang Clan – C.R.E.A.M.

 

Wu-Tang Clan – Da Mystery Of Chessboxin'

 

Craig Mack - Flava In Ya Ear (Remix) (ft. The Notorious B.I.G., LL Cool J, Busta Rhymes & Rampage)

 

1995

Mobb Deep – Shook Ones Part Ⅱ

現代にも伝えられる名曲中の名曲。

ビートのカッコ良さと今は亡きProdigyの荒削りなラップが最高にマッチしている。

 

2Pac – Dear Mama

 

Coolio – Gangsta's Paradise

 

Common - Resurrection
 
Method Man - Release Yo' Delf 

 

Ol' Dirty Bastard - Shimmy Shimmy Ya
 
The Notorious B.I.G. - Big Poppa

 

1996

2Pac – California Love (ft. Dr. Dre)

カリフォルニアの楽園具合がよく分かるザ・カリフォルニア賛歌。

ギャングスタラップの二大巨頭による最高にファンクなサウンドが良い。

 

Xzibit – Paparazzi

 

Jay-Z – Dead Presidents
 
Jay-Z - Ain't No Nigga (ft. Foxy Brown)

 

Mobb Deep – Hell On Earth (Front Line)

 

Fugees - Fu-Gee-La

 

1997

Puff Daddy & Mase - Can’t Nobody Hold Me Down

バッド・ボーイ・レコードの快進撃の幕開けとなる曲。

ショウビジネスのスケールの大きさを改めて認識させ、西海岸主流の流れを東に引き戻した。

 

The Notorious B.I.G. - Hypnotize

 

LL Cool J – 4321 (ft. Method Man, Redman, DMX & Canibus)

 

EPMD – Da Joint

 

KRS-One - Step Into A World (Rapper's Delight) (ft. Keva)

 

Rakim - Guess Who’s Back

 

Gang Starr - You Know My Steez

 

Common - Reminding Me (Of Sef)

 

1998

DMX – Ruff Ryder's Anthem

とにかくやりたい放題のDMXのスタイルが全面に出た一曲。

DMXの恐ろしさを世間に知らしめるには十分な仕上がりとなっている。

 

Big Pun & Fat Joe – Twinz (Deep Cover 98)

 

Big Pun - Still Not A Player (ft. Joe)

 

Lauryn Hill - Doo Wop (That Thing)

 

Jay-Z - Can I Get A... (ft. Amil & Ja Rule)

 

M.O.P. - 4 Alarm Blaze (ft. Teflon & Jay-Z)

 

1999

Dr. Dre & Snoop Dogg – Still D.R.E.

再び西海岸が盛り上がることを決定付けた一曲。

サウンドの重厚さが半端じゃないことに加え、ドレーとスヌープのコンビネーションは健在。

 

 

Method Man & Redman – Da Rockwilder

 

EMINEM – My Name Is

 

Gang Starr - Full Clip

 

Lauryn Hill - Ex-Factor

 

Lauryn Hill - To Zion (ft. Carlos Santana)
 
Nas - Nas Is Like

 

The Roots - The Next Movement (ft. DJ Jazzy Jeff & Jazzyfatnastees)

 

2000

M.O.P. – Ante Up (Remix) (ft. Busta Rhymes & Remy Ma)

男臭さを極めたM.O.P.のアンセムソングはもちろんリミックス。

最高のパーティーチューンは今でも色あせていない。 

 

Outkast – Ms. Jackson

 

EMINEM – Stan

 

Jay-Z - Big Pimpin' (ft. UGK)
 
Royce Da 5’9’’ - Boom
 
Common - The Light

 

2001

Nas – Ether

NasとJay-Zのビーフの際にNasが発表し、完全にJay-Zを食った一曲。

ディスの内容もかなり過激なものだが、それでもリリカルさは失っていないのがリリシストたる所以。

 

Nas – Got Ur Self A...

 

Jay-Z – Song Cry

 

Jay-Z - Renegade (ft. Eminem)

 

Missy Elliot - Got Ur Freak On

 

Nelly – Ride Wit Me (ft. City Spud)

 

Ja Rule - Always on Time (ft. Ashanti)

 

2002

EMINEM – Lose Yourself

映画8Mileの主題歌となった曲。

歌詞の内容はポジティブでエミネムの鬼気迫るラップに手に汗握る、多くのヘッズたちを魅了した一曲。

 

Scarface – On My Block

 

Nelly – Hot In Herre

 

Nelly – Dilemma (ft. Kelly Rowland)

 

Clipse - Grindin'

 

Missy Elliot - Gossip Folks (ft. Ludacris)

 

LL Cool J - Luv U Better
 
Nas - One Mic

 

Jermaine Dupli - Welcome To Atlanta (ft. P. Diddy, Murphy Lee & Snoop Dogg)

 

2003

50 Cent – In Da Club

50Centをスターダムにの仕上げた一曲。

ドレープロデュースのサウンドが最高にドープ。

 

DMX – X Gon' Give It To Ya

 

Jay-Z – 99 Problems

 

Outkast – Hey Ya!

 

Black Eyed Peas - Where Is The Love?

 

Nas - Made You Look
 

2004

Snoop Dogg - Drop It Like It's Hot (ft. Pharrell Williams)

ファレルプロデュースの最高にドープなサウンドにラップを乗せたとにかくカッコいい一曲。

スヌープのそれまでのキャリアの中でも最高のヒット曲となった。

 

Terror Squad – Lean Back

 

Lloyd Banks – On Fire

 

Jadakiss – Time's Up (ft. Nate Dogg)

 

Kanye West - All Falls Down (ft. Syleena Johnson)

 

Mike Jones - Still Tippin’ (ft. Slim Thug & Paul Wall)

 

Beastie Boys - Ch-Check It Out

 

2005

Kanye West - Gold Digger (ft. Jamie Foxx)

カニエがメインストリームにのし上がるきっかけとなった曲。

カニエにはもっといい曲があるが、彼のキャリアではとても重要な一曲。

 

The Game – Hate It Or Love It

 

Chamillionaire – Ridin' (ft. Krayzie Bone)

 

50 Cent – Candy Shop (ft. Olivia)

 

Black Eyed Peas - Don’t Phunk With My Heart

 

2006

T.I. – What You Know

T.I.のスマッシュヒット曲で、ここから数年に渡り快進撃が始まる。

Why You Wannaもそうだが、彼のフロウは聞いていて気持ちがいい。 

 

T.I. – Why You Wanna

 

Jibbs – Chain Hang Low

 

Rick Ross – Hustlin'

 

2007

Flo Rida - Low

フロー・ライダーのヒット曲。

この曲をきっかけに日本でも人気に。

 

Young Buck – Get Buck

 

Souljah Boy – Crank That (Souljah Boy)

 

Gucci Mane – Freaky Gurl

 

UGK - International Players Anthem (ft. Outkast)

 

2008

Lil Wayne – A Milli

シンプルなビートの上でフリースタイル風にラップするリル・ウェインがカッコいい一曲。

アンダーグラウンドの支持をがっぽり集めた。

 

Lil Wayne – Lollipop

 

Young Jeezy – Put On

 

T.I. – Whatever You Like

 

T.I. – Live Your Life (ft. Rihanna)

 

T.I. & Jay-Z - Swagga Like Us (ft. Lil Wayne & Kanye West)

 

Birdman – I Run This (ft. Lil Wayne)

 

2009

Jay-Z - Empire State of Mind (ft. Alicia Keys)

ニューヨークのヒップホップ賛歌となった曲。

ビッグドリームをつかむことができるニューヨーク。

アリシア・キーズの歌声とJay-Zのラップの相性がいい。

 
Drake – Best I Ever Had

 

Lil Boosie – Better Believe It

 

Drake, EMINEM, Lil Wayne & Kanye West – Forever

 

Young Money – Every Girl

 

Black Eyed Peas - Boom Boom Pow

 

Black Eyed Peas - I Gotta Feeling

 

2010

Wiz Khalifa – Black And Yellow

ウィズ・カリファのやんちゃ振りが伝わってくるドープな一曲。

フックのフレーズが癖になる。

 

B.o.B. – Nothin' On You (ft. Bruno Mars)

 

Drake – Over

 

Lil Wayne – Drop The World (ft. EMINEM)

 

Kanye West – Monster (ft. Rick Ross, Jay-Z, Bon Iver & Nicki Minaj)

 

2011

Kanye West - Niggas In Paris (ft. Jay-Z)

ラグジュアリーなラップの完成版となった一曲。

黒人でも裕福になることができる時代になったということを社会に改めて広めた。

 

Nicki Minaj – Super Bass

 

Pitbull – Give Me Everything (ft. Ne-Yo, Afrojack & Nayer)

 

Wiz Khalifa – Roll Up

 

Wiz Khalifa & Snoop Dogg - Young, Wild & Free (ft. Bruno Mars)

 

2012

Macklemore & Ryan Lewis - Same Love

ゲイやレズビアンについて取り上げた初めてのラップ曲。

時代の変化を感じ取れる一曲。

 

2 Chainz – No Lie (ft. Drake)

 

Flo Rida - Whistle

 

Chief Keef – I Don't Like (ft. Lil Reese)

 

Kendrick Lamar - Swimming Pool (Drank)
 

2013

Eminem - Berzerk

オールドスクールへの原点回帰をしたエミネムの一曲。

スクラッチから始まるヒップホップはやはり最高だと改めて思う。

 

Rich Homie Quan – Type Of Way

 

Migos – Versace

 

Tyga – For The Road (ft. Chris Brown)

 

Big Sean - Control (ft. Kendrick Lamar & Jay Electronica)

 

2014

Rich Gang - Lifestyle (ft. Young Thug & Rich Homie Quan)

ヤングサグの奇抜さが目立つ。

貧乏から抜け出したことを讃え、個人のライフスタイルを正当化した時代を反映する一曲。

 

Rae Sremmurd – No Type

 

Lil John – Bend Ova (ft. Tyga)

 

T.I. – No Mediocre (ft. Iggy Azalea)

 

2015

Kendrick Lamar – Alright

ケンドリック・ラマーはこの曲とアルバムで名実ともに誰もが認めるスターとなった。

ワル自慢ではない、現実と希望を伝えるラップ。

 

Young Thug – Best Friend

 

Slim Jesus – Drill Time

 

2016

J. Cole - False Prophets

J. Coleの固い韻と流れるフロウが完璧な一曲。

新たな時代を担うMCに。

 

Kodak Black – Like Dat

 

Dram – Broccoli (ft. Lil Yachty)

 

2017

Kendrick Lamar - Humble

ケンドリック・ラマー一強時代を証明するようなかっこよすぎる一曲。

サウンドとライミングはもちろん、遊び心のある彼のラップに皆が魅了される。

 

Ayo & Teo – Rolex

 

Future – Mask Off

 

まとめ

いつの時代にも名曲は存在し、時代とともに変化してきたヒップホップを改めて振り返ると面白い。

メディアや社会に対して、アメリカのストリートから生まれたカルチャーが以下に影響を与えてきたか、その大きさを改めて思い知った。

今まで聞いていた人もこれから聞く人も、ヒップホップをもっと聞いて楽しもう。 

 

まずは聞くべきヒップホップの名曲についてもっと知りたい人は以下の記事をどうぞ。

weird1103.hatenablog.com